5th stage!

「瑞葉、実と和解する」





 香澄が入部した翌日の放課後。謡舞踊部の部室に五人のメンバーが集まっていた。
「あらためて、本城香澄です。これからよろしく」
「それじゃあ早速だけど、練習を始めましょう」
「その前にちょっといいかい? えっと…月坂さん、だったかな」
「紗由でいいですよ。なんですか香澄さん」
「その…部長は練習に参加しないのかな。奥でずっとお茶を飲んでいるんだけど」
「ああ、うちのことはお構いなく~。紗由ちゃんに全部任せてるし」
 そう言ってひらひらと手を振る瑞葉。
「でも、市杵島さんは部長なんだよね? プリズムステージには出ないのかい?」
「もちろん、部長も出ますよ。のんびりしてますけど、ああ見えて舞のスペシャリストなんです。だから安心してください」
「え? 紗由ちゃん。うちいつ出るって言った?」
「えっ?」
紗由の驚きの声と共に、全員が瑞葉を見る。
「で、出ないって、なんでですか!? せっかく部員も揃ったのに!」
「なんでって言われても~。うちは応援係やなあって最初から決めてたしぃ」
「そんなこと言わないで、一緒に出ましょうよ、部長さんっ」
「…出ないとかえのウルトラくすぐりマシンで部長のことをどうにかしてしまうかも」
「ほら、二人もこう言ってます。みんなで出場しましょう!」
「ええ~っ、も~、しゃあないなあ~。わかったわあ。みんながそこまで言うんやったら、うちも参加するわあ。でも、どうなっても知らんよ~?」
 瑞葉は一人ステージに立ち、音楽に合わせて踊り始めた。それは優雅で華麗で…。くるくるくると瑞葉は踊った。
 しかし――。
「……そ、そんな、まさか……部長が…、部長で、部長なのに……」
「なるほど、それで出ないって言ってたんですね~」
「納得いかないが、納得したよ」
「…部長、リズム感が壊滅的に絶望的」
 みんなが茫然の表情で見つめる中、瑞葉は鳴り響くエイトビートを無視して、優雅に舞い続けていた。



 週末になり、舞菜たち五人は秋葉原の街を歩いていた。
「うう、まさか部長がリズム感無い人だったなんて……」
「まあ、うちは裏も表も無い真っ直ぐな性格ってゆーことやなぁ。ふふふ」
「ふふふじゃありません!」
「でも、二人っきりの部員だった紗由さんも全然知らなかったんだね」
「部長は『舞』だったら本当に凄い人だから、当然出来ると思ってたの」
「舞はジャンプとかないからなぁ。ふふふ」
「ふふふじゃありません!」
「大丈夫だよ、特訓すれば部長さんだって変われるよ」
「それに、今日一日、ボクおすすめのこのイベント『グローイング・アイドル・イン・カントー』を見れば、さすがの部長も触発されてやる気に満ちるはずだ」
「…さすがサウザンドキルエンジェル。このイベントを選ぶとは…」
 一同は休日を使って秋葉原で行われるアイドルのイベントを見に来ていたのだった。
 歩行者天国の道路には数々のステージが設置されており、たくさんのアイドルとお客さんたちで溢れている。
「わたし、こんなにたくさんのいろんなアイドルが集まるイベントなんて初めてです」
「そうなのか。それなら舞菜にとってもいい機会だね。このイベントに集まるアイドルは、プリズムステージに出るアイドルとは違って誰でも出演することができるけど、レベルの高さは評判いい。たくさん勉強になるはずだ」
「はあ~、ほんま、アイドルがたくさん居てはるねえ~」
「おっと。何だい、そののんきな声は。今日は部長のために来たんだ。さあ、どんどん行こう!」
 香澄が瑞葉の首を掴み、引っ張って行く。
「ちょ、ちょっとちょっと、香澄ちゃん、どこ引っ張ってんの~?」
「香澄さん、すごい。あのマイペースな部長を引っ張ってってる…」
「…さすがサウザンドキルエンジェル」



 様々なアイドルを見学していると、一際沸いている歓声が聞こえてくる。
「わあすごい。あそこ、お客さんがいっぱい集まってる」
「…あれは、今ネットでも話題になってる、アイドルの『みい』」
ステージに近づくと、みいは一人で軽やかに跳ねながら手を振っていた。
「今日はぁ、みいのために来てくれてぇ、ありがとみぃ! みいは、みんなのこと、大好きみぃ~!」
 そう言ってみいが手でハートマークを作ると、客席からは再び大きな歓声が沸いた。
「不思議な語尾だね~。でも、この声って、どこかで聞いたことがあるような…?」
 舞菜が首を傾げる。隣では香澄がスコープを取り出していた。
「ボクもあの子は見たことがある気がするよ。特にあのマイクの持ち方。…角度、82度。グリル部末端からの指の距離、3.7センチ。うん、確かに記憶にある…」
「…かえのIPPグラスにもみいと同じ数値が記録されてる」
「てことはもしかして、うちの学校の人なん?」
「そ、そんなまさか! うちの学校に私たち以外にアイドルに興味ある人なんか…いるわけが…」
 言いながら紗由はみいをじっと見つめる。そして、ある人物が紗由の脳裏に浮かんだ。
「あーーっ! もしかして、長谷川副会長!?」
 すると、ステージ上のみいがびくっと肩を震わせて、紗由を見た。
「みみっ!? なんであんたたちがこんなところにいるみぃ!? もう終わりだみぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!」



 みいは舞菜たちに見つかった後、ちょうど終わったステージから駆け降りて逃げ出した。
 そのみいを香澄が一瞬で追いつめる。
「さあ、追いかけっこは終わりだよ、子ウサギちゃん。まさか逃げ切れると思ってたのかい? このサウザンドキルエンジェルから」
 みいは諦めたのか、秋葉原の裏手にある公園のベンチに座りこんだ。
「謡舞踊部は変な人材集めすぎみぃ…」
「語尾みぃなキャラもたいがい変やと思うで、実ちゃん」
「本当に副会長さん…なんですか?」
 舞菜はしゃがみ込んで、不思議そうにみいの顔を見つめた。普段は髪をまとめている長谷川実が目の前のアイドルと同一人物だとは信じられなかった。
「確かに、よく見ると副会長さんです。でも…」
「なにじっと見てるの」
「アイドル姿の副会長さんは、普段よりもずっとずっと素敵です」
「な、何よ…。あんたなんかに褒められたって、うれしくなんかないんだからみぃ…」
 そう言って、恥ずかしそうな表情をしたみいは、確かに普段の副会長、長谷川実と重なって見えた。

 みいは、アイドルに憧れる少女だった長谷川実が、どうやって今に至ったのかを話し始める。
「中学に入ったら、同じアイドルを目指す子たちと一緒になって、プリズムステージに出場する。そして将来は、日本中の人たちを元気にする、そんなアイドルになるって、そう心に決めてた。でも…。二年前、私は稀星学園の本校を受験したとき、最終面接まで行って落ちてしまったの…」
「…最終選考なんて、すごい……」
「すごくなんかないわよ、落ちたんだから…。それでも、チャンスがあると思って高尾校に入った。こっちでも部活に入って、プリズムステージを目指そうって思ったの。でも、そもそもこの学校にはアイドルを目指す部活はなかった。いろんな女の子に声をかけたけど、『そんなの本校の子がすることだ』って言われて、見向きもしてもらえなかった…」
「うちらの学校、進学目的の子ばっかやもんな。うちの部も全然部員集まらんかったわ」
「部活が作れなければ、大会には出られない。だから、私はプリズムステージをあきらめたの。でも、アイドルになりたい夢は捨てられなかった。小さい頃からずっと、ずっと夢だったんだもん…」
「それで、一人で活動する道を選んだんやね」
「一人でもアイドルにはなれるから…、もう仲間なんて必要ない。私はずっとそう思って、アイドルを目指して活動を続けてた…」
「長谷川さん…」
「でも、今年になって突然、謡舞踊部が――」
「アイドル活動を始めたわけやな。廃部を免れるっていうええ加減な理由で。そらまあ、腹も立つわなあ」
「それで副会長は、私たちに対して厳しかったんですね」
「ううん。腹が立ったのは最初だけ。最初は何よって、思った。いい加減なスタンスでアイドル活動なんか始めて、それなのにトントン拍子で仲間を増やして…。でも、すぐにそんな気持ちは消えちゃった」
 顔を上げたみいは、なんだか泣きそうな顔をしていた。
「だって、あなたたちのライブを見ちゃったから。あなたたちの、とても楽しそうな、幸せそうな、そして真っ直ぐにアイドルを目指す姿を見たら、そしたら、怒りなんかもう、消えちゃったの。ただ…」
「ただ?」
「少し、悲しくなった。それだけよ」
 みいはそう言うとまた俯いた。
「ごめんなさい。私があなたたちの邪魔をしたのは事実。どんなに嫌われても仕方ないよね。私のこと、生徒会に報告してもいいわ」
「そんなこと、するわけないやん」
 瑞葉はみいの隣に座ると、その手の上に自分の手を重ねる。
「うちら、二年前に一緒になれてたら良かったのになぁ」
「もう…遅すぎるみぃ」
 気づくと公園は夕暮れに包まれていた。



 週が明けて、謡舞踊部では瑞葉の特訓が始まった。
 しかし、みんなのアドバイスを受けても瑞葉はすぐには上達せず、部活が終わった後も一人で練習を続けていた。
「はあ……全然できひんなあ。こんなんで、ほんまにあの子たちと大会に出れるんやろか…」
「――無理ね」
「え…?」
 声がした方を振り向くと、部室の入り口に実が立っていた。
「そんな弱気じゃ絶対無理よ。あきらめなさい」
「実ちゃん…もしかして、練習見に来てくれたん?」
「名前で呼んでいいって言った覚えはないんだけど…。それに、生徒会の仕事で、見回りに来ただけよ。あんたのことが気になって来たわけじゃないんだから…」
「そうか~。ふふ、やっぱり優しい子やね、実ちゃんは」
「あ~、もう…っ。…ほら、ステップやってみなさいよ。さっきから何回も練習して、こけてばっかりのやつ」
「やっぱめっちゃ見てるやん」
 瑞葉はやってみせたが、やはりこけてしまう。
「ほんまにあかんなあ。うち、向いてへんのやわ」
「そんなことない、ちゃんと練習すればできるようになるわ。ちょっと私の言う通りにやってみなさいよ」
 実は瑞葉にミスをしてしまう原因を伝え、ちゃんとした動きを教えた。
「はい、もう一回やってみて!」
「えいっ!」
「あきらめないで。もう一回!」
「やあっ!」
「あと少しで出来るわ! さあもう一回!」
「とおっ!」
 何回も失敗する瑞葉に懲りず、実は根気よく練習に付き合った。そして、ついに……
 たん! と瑞葉のステップが綺麗に決まった。
「……い、今の見たぁ!?」
「うん! 見てたわよ! やればできるじゃない!」
「ほんまありがとなあ~。うち、実ちゃんのこと大好きや~」
 瑞葉が実に抱き着くと、実は瑞葉の腕の中で照れながらもがいた。
「だからっ、そのっ、実ちゃんってのっ、やめなさいってばっ!」



 もうっ、と実が瑞葉を押しのけ、そっぽを向いた。そんな実の隣に瑞葉が寄り添う。
「なあ実ちゃん…、うちもこの春まで一人やったんや…。そやから、実ちゃんの寂しかった気持ち、ようわかるんよ…」
「な、なによ急に……」
「うち、もっと早う実ちゃんの気持ちを知って、こうやって一緒に頑張りたかったなあ」
「だから、それはもう遅すぎるって……」
「ほんまにそうなんかな…」
「え…っ」
 瑞葉が実に向き合うように立ち、実の手をぎゅっと握った。
「なあ実ちゃん。うちらと一緒に部活やらへん? うちは実ちゃんと一緒にアイドルになりたいって思ってる。実ちゃんは? 実ちゃんはどう思ってる?」
 いつになく真面目な顔で瑞葉が実を見つめる。
「……そ…そうやって私の心を見透かして……そういうところが気に入らないのよ」
「でも、これがうちの正直な気持ちなんやもん」
「……」
「うちら、やっとスタートラインに立つんや。うちは踊りの。実ちゃんは部活の。だから、一緒にスタートして、頑張らへん? もう一回、夢を追いかけようや。今度は、一緒に」
「一緒に…」
 二人はしばらくの間見つめあった。そして、一息吐くと、実はにこっと微笑んで……
「レッスンは優しくしないわよ…っ」
「覚悟の上や」



 翌日。謡舞踊部のステージに瑞葉と実が立っていた。
「というわけで、特別コーチ、兼、新入部員の実ちゃんや」
「き、来てあげたみぃ! 感謝するみぃ!」
「副会長さん…! 入ってくれるんですね! ありがとうございますっ!」
「仕方なくだけどね。あんたたちの部長が、どーーーーーしてもコーチが必要なんですって。だから仕方なくよ!」
「…相変わらず素直じゃない」
「でも、これで部のレベルが格段に上がった。ボクも負けてられないな。よろしく、副会長」
「私のことはみいさんって呼びなさい。いいわね?」
「ああわかったよ、副会長」
「ふふ、これで『梅こぶ茶飲み隊』は安泰やなあ~。優勝も間違いなしやあ~」
「ちょ、ちょっと待って! 今の何? なんなのよ、『梅こぶ茶飲み隊』って! まさか、あんたたちのユニット名じゃないでしょうね?」
「えー、そうやけど。どしたん? 何か問題でもある?」
「あるに決まってるでしょぉ! そんなヘンなの、変えさせてもらいますからね!」
「ええ~っ、そんな殺生なあ~。実ちゃんの鬼ぃ~!」
「鬼じゃないっ!」
「わたしも、ちょっと気に入ってたんだけどなぁ…」
「えっ、うそでしょ!? 本気で言ってるの、舞菜」
「…紗由。舞菜はセンスもミジンコだから」
 実がビシっと指さして、一同の前に立つ。
「いい!? 今後は、楽曲も、歌詞も、振り付けも、衣装も! このみいのチェックを通すように! 生徒会より厳しくいくわよ!」
「「「は……はい~っ!」」」
「はあ…こうなったら腹をくくるしかないな。頼んだで、みいちゃん」
「任せるみぃ!」